ルイヴィトン

【ルイヴィトン】カードケースのバニッシュ(ふち)の修理とボロボロの内側の交換

【ルイヴィトン】カードケースのバニッシュ(ふち)の修理とボロボロの内側の交換

 

新宿御苑大木戸門から徒歩1分、

看板犬のいる店【新宿御苑工房】でレザーコンシェルジュをやっております

あらきまさゆきです。

 

製造用の腕ミシンも導入し、修理と製造(オーダーメイド)とクリーニングを工房内ですべてできる環境になりました。

これからも実店舗がある都心部にある

『革工房』として存在したいと思っています。

 

さて修理やお問合せで多いルイヴィトンのバニッシュ(ふち)の修理と内側のボロボロのご相談。

 

バニッシュ(ふち)は使っていると摩耗して擦れてしまいます。

パテを塗り、ペーパーでやすって、磨きこみを繰り返し

再加工して綺麗な状態にします。

 

 

また、ルイヴィトンの製品は内側に合皮を使っている場合があります。

その合皮が加水分解や劣化などでボロボロとなってしまいます。

シャンタン生地などで交換するしか方法はありません。

 

汚れが気になる場合は濃いめのシャンタンで交換すると目立ちにくくなります。

今回は濃いめのシャンタンで交換しております。

 

 

【ルイヴィトン】カードケースのバニッシュ(ふち)の修理とボロボロの内側の交換

気になる方は一度お気軽にご相談ください。

 

★本日も数件お問い合わせいただきました★

簡単お見積り、無料ご相談はLINEが便利(^^)/

 

友だち追加後お気軽にお問い合わせください。

看板犬のこと、革物のことなど。

LINEでご相談後→配送で簡単にご依頼もできます。

 

QRコードを画像メモやスクリーンショットして保存すると

登録しやすいです(‘ω’)ノ

before→after満載!!公式インスタはこちら

関連記事一覧