ルブタン

【傷つくのがもったいない】ルブタンのパンプスに裏張りをつけてから履く

【傷つくのがもったいない】ルブタンのパンプスに裏張りをつけてから履く

 

新宿御苑前でレザーコンシェルジュをやっております

新宿御苑工房のあらきまさゆきです。

 

最近は新品の靴を買ってご依頼いただいたり

メルカリなどのオークションで落札してお持ち込みいただいたりと

 

色々な形で修理のご依頼をいただいております。

 

その中でもルブタンのパンプスの場合

新品や未使用状態だと

 

赤いソールが傷つくのがもったいない

と考えているお客様が多いと感じます。

 

 

赤い裏張りを取り付けると

取り付けるときに削るだけでそれ以上減ることを防げます。

 

日本で革底のパンプスを履き続けるといずれ穴があきます。

 

事前に予防しておけば

気にせず大切に履くことが可能です。

 

【傷つくのがもったいない】ルブタンのパンプスに裏張りをつけてから履く before→after

 

   

 

厚みは1.8ミリか1.0ミリのタイプが選べます。

耐久性重視か見た目重視といったところでしょうか。

薄い方がボリュームがでないので目立ちにくいです。

 

気になる方は一度お問合せください。

 

 

★本日も数件お問い合わせいただきました★

簡単お見積り、無料ご相談はLINEが便利(^^)/

 

友だち追加後お気軽にお問い合わせください。

看板犬のこと、革物のことなど。

LINEでご相談後→配送で簡単にご依頼もできます。

 

QRコードを画像メモやスクリーンショットして保存すると

登録しやすいです(‘ω’)ノ

 

ご来店不要!!楽チン宅配サービスはこちら

看板犬のオフショット満載インスタはこちら

看板犬カンロマメの勤務風景の動画はこちら

関連記事一覧