BAG・財布

ルイヴィトンの財布やハンドルのふちの修理|新宿

ルイヴィトンの財布やハンドルのふちの修理|新宿

 

いらっしゃいませ

新宿通り沿いにあります、『看板犬のいる工房』新宿御苑工房でレザーコンシェルジュをやっております

あらきまさゆきです。

 

数日前の娘の運動会で全力疾走しましたが

股関節がまだ痛いです。。

 

さて、ルイヴィトンの財布やバッグの修理多く承っております。

ご相談いただくことが多いのがふち(コバ)の修理です。

 

バッグの場合使っていると手が触れているので消耗して溶けたような状態になります。

財布の場合はバッグの中で動くのでぶつかって消耗してしまいます。

 

ふち(コバ)の再加工は難易度が高いです。

元のふちがあり

新たなコーティングで質感や光沢感を寄せて違和感なくナチュラルに仕上げるには技術や知識が必要になるからです。

 

新宿御苑工房では

 

ふち(コバ)の再コーティングの修理は

ショップさんから大量にお受けした経験で

 

ナチュラルに仕上げられる方法を研究してきました。

 

ルイヴィトンの財布やハンドルのふちを始め、ブランド製品のふちの修理をお考えのお客様は一度ご相談ください。

 

 

 

★本日も数件お問い合わせいただきました★

簡単お見積り、無料ご相談はLINEが便利(^^)/

 

友だち追加後お気軽にお問い合わせください。

看板犬のこと、革物のことなど。

LINEでご相談後→配送で簡単にご依頼もできます。

 

QRコードを画像メモやスクリーンショットして保存すると

登録しやすいです(‘ω’)ノ

before→after満載!!公式インスタはこちら

関連記事一覧