ブーツ

マルタンマルジェラ足袋ブーツ裏張り東京

看板犬カンロ
看板犬カンロ
マルタンマルジェラの足袋ブーツを最近買ってんだけど裏張りってつけたほうがいいの?タイミングはいつがベスト?教えてほしいワン♪


こんな疑問にお答えします。

▼本記事の信頼性

マルタンマルジェラタビの裏張りは多い時で
月30足以上修理しています。新宿通り沿いの革工房で8年目靴修理をやっています。
Arachan
Arachan

 

本記事を読み終えると、マルジェラタビの裏張りの必要性が理解できます。

それでは、さっそくマルタンマルジェラの足袋ブーツの裏張りについてわかりやすく解説していきます。

 

そもそも裏張りって何?必要なの?マルタンマルジェラ足袋ブーツ裏張りは?

ルタンマルジェラタビの裏張り


新品の靴を買った時、早く履きたいと考えている方もいるかもしれませんが、買った後にやるべきことがいくつかあります。

『今すぐ履きたいんだよ』と思う気持ちをぐっと堪えてここをじっくり読んでみてください。

そもそも裏張りとは?本当に必要?

 

裏張りとは、靴の革底やゴム底に滑り止めのゴムをつけることです。

なぜ必要かというと、新品の革底でそのまま歩くと滑って転ぶ可能性が高くなります。

滑った例で多いのが

・雨の日のホームや下りの階段
・百貨店の大理石
・点字ブロック

をよく聞くききます。

また革底なのですぐ減りやすいです。マルジェラ足袋の場合、つま先部分がすぐに減ります。

それら予防するためにつけます。

男性紳士靴やヨーロッパのハイブランドの多くは革底の靴が多いです。

もともと車文化で外を歩くために作られていないので革底の靴が多いです。

 

つけるタイミングは?

 

結論から言うと、新品時がベストなタイミングです。

なぜかというと、ソールが減っていない状態の方が綺麗に裏張りがつけれるためです。

綺麗に裏張りがつけれれば次回の交換もスムーズにできて、結果長く履くことができます。

履いた後でも裏張りをつけることは可能ですが、革のアタッチメントをつけたりと加工してつけるため見た目が多少変わります。

 

マルタンマルジェラタビブーツ
マルタンマルジェラタビブーツ裏張り

 

まとめ:マルタンマルジェラの足袋ブーツの裏張りは新品時につけよう

 

看板犬カンロ
看板犬カンロ
わかったワン。マルタンマルジェラの足袋ブーツを買ったら新品時に裏張りをつけるワン。

カンロ、よく理解したな。ただ、足袋だと犬でも履けるのか?犬も人もみんなマルジェラ好きだな(笑)
Arachan
Arachan


今回は以上です。

 

 

▶【5分でできる】マルジェラ足袋ブーツメンテナンス方法はこちら

 

全国からマルタンマルジェラの裏張りの修理承っております。お見積り・お問い合わせ後、商品をお送りください。

打合せ後修理させていただいております。気になる方は一度お気軽にお問合せくださいませ。

LINEとメールに対応しています▼

▶お見積り・お問い合わせはこちらか

関連記事一覧