ルイヴィトン

【小銭入れがボロボロ】ルイヴィトンの財布修理

看板犬カンロ
看板犬カンロ
ルイヴィトンの小銭入れがボロボロになっちゃった。修理でどうにかならないかな?

こんな疑問にお答えします。

▼本記事の信頼性

ルイヴィトンの修理は年間で600件ほど。革物修理工房を始めて8年目になりますので、この手の修理はお手の物です。
Arachan
Arachan

 

本記事を読み終えると、小銭入れがボロボロになったルイヴィトンの財布の張替え修理の費用と納期が理解できます。

 

下記の内容で順を追って解説していきます。

・なぜボロボロになるのか?対策法は?
・修理やクリーニングでどうにかなるの?
・修理した場合の金額や納期を教えて!

 

【小銭入れがボロボロ】ルイヴィトン財布張替え修理、なぜボロボロになるのか?

 


結論から言うと、合皮や加工革を使っていることが多く加水分解が発生して劣化するためです。

そのため、素材そのものの特性が原因となっておりますので対策法がありません。

 

小銭入れがボロボロ!ルイヴィトンの財布修理、修理やクリーニングでどうにかなるの?

 

ハイブランド商品の修理のプロがおすすめする修理方法は2つあります。
Arachan
Arachan

 

①オリジナルに近い状態にならクリーニングをして擦れた部分を染めて、色を修復していく。
②革部分を取りのぞき、代わりに生地(シャンタン)に交換する修理。

 

今回は生地(シャンタン)で交換させていただいた実例のご紹介です。

 

生地に交換するメリット

・シャンタン生地交換☞劣化しない生地なので消耗しにくいです。
・色の染め直し☞元の素材をそのまま使えることです。

 

生地に交換するデメリット

・シャンタン生地交換☞元と違う仕様になる
・色の染め直し☞使っているうちにとれる、カードケースや札入れの内張にはできない。

 

ルイヴィトンの財布修理、小銭入れのみの修理金額や納期教えてください!

 

・小銭入れの張替えで15000円程度
・納期は3週間から4週間ほど

※状態によって変動します。

 

まとめ:ヴィトンの財布は小銭入れがボロボロになったら生地の交換がベスト!

 

看板犬カンロ
看板犬カンロ
わかったワン。ボロボロになっても直せるんだね。今度シャンタン生地で交換してもらうね
了解。今度もってきなね。ところでヴィトンの財布持ってたっけ(笑)
Arachan
Arachan

 

小銭入れがボロボロになってしまったルイヴィトン財布張替え修理のご紹介でした。

■シャンタンと呼ばれる生地への張替えは変えても気づかれにくく、汚れにくいので好評です■

 

ご相談、ご依頼はLINEが便利です!店舗の最新情報はLINEで★

簡単お見積り、無料ご相談はLINEが便利です(^^)/

お問い合わせが混み合っており、お返事にお時間をいただくことがございますが、ご了承ください。

いつもたくさんのお問い合わせをありがとうございます!

 

友だち追加後お気軽にお問い合わせください。

LINEでご相談→配送で簡単にご注文いただけます。

 

友だち追加

LINEで友だち追加する

 

関連記事一覧